フィギュアスケート ブログ

フィギュアスケートをする子供のお母さんへ [コーチの選び方]

アラベスクをするフィギュアスケータのーイラスト

 

実はスケートを始めた時から教えていただいているコーチを変えたいと思っています。

不満があるわけではありません。

今、子どもが必要なジャンプの指導を見ていただきたいコーチが別にいます。

でも親身になって指導してくれたコーチになんと言い出したらよいのか迷っています。

 

こんな悩みにお答えいたします。
はなみ

 

フィギュアスケートでは上達とともにコーチを変えることが多いです。

大人になれば、自分の意志でコーチ変更が決められます。

子どもが小さいうちは親がいっしょに決めていかなければなりません。

 

どんな時期に、どんなコーチに変えればいいのか、ご説明いたします。

 

はなみ
こちらの記事は、フィギュアスケートの選手を目指す子どもの親御さん向けに書いております。

 

本記事の内容

コーチの選び方

  • 初心者レベル
  • 1回転からシングルアクセルレベル
  • 中級レベル(2回転ジャンプ)以上
  • 国内トップレベル

 

本記事の信頼性

・子どものフィギュアスケートママ歴 6年

・フランスのインターナショナルキャンプ3回他多数のキャンプ主催アシスタント

・オリンピック参加選手を持つコーチに3年間師事

・ベノア・リショー氏に振付を3年間依頼

・プルシェンコ選手の元コーチ アレクセイ・ミッシン氏のキャンプ参加経験あり

・エテリ・トゥトベリーゼ氏のサンボ70で練習経験あり

・子どもは11―12歳時スイス国内でその年のノービスカテゴリー最優秀選手に

 

子どものフィギュアスケート コーチの選び方①初心者レベル

氷上のスケートコーチと小さい女の子

 

こんなコーチがおすすめ

  • 無理なく通いやすいリンクのコーチ
  • 子供好きで優しい
  • ある程度の技術を持っている

 

誰でも最初は初心者。

まずはご近所のスケートリンクの「スケート教室」で始めて、そのままそこのクラブへ所属というパターンが一番多いです。

 

これでいいと思います。

 

はなみ
この時点では、まだ子どもが幼いので、本当に選手になる素質があるかわかりません。

 

始めた瞬間から、オリンピック選手を目指させる勢いのお母さんもいます。

でもこの時期に大切なのは

  • 子どもがスケートが大好き
  • 楽しく練習できる

 

 

この環境にいられることを重視しましょう。

 

なので、すごく厳しいコーチよりも小さい子のやる気を奮い立たせるような親切な先生が向いています。

 

また、子どもが幼いので、親は絶えず同行しなければなりません。

自分で靴紐がまだ結べません。

転んだり、寒かったりした時、お母さんがまだ必要です。

 

よって、親も時間的、精神的に無理なく通える近いリンクをおすすめします。

 

忘れてはいけないことは、技術です。

最初に教えられる技術はとても大事です。

ただ優しいだけの技術のないコーチは避けましょう。

 

最初から国内トップクラスの選手を持つコーチに習わせたいです。可能ですか?

 

はなみ
不可能ではないですが、おすすめしません。

 

あなたがもし、国内トップクラスの選手を持つコーチがいるリンクのそばに住んでいたら、おすすめします。

 

はなみ
ただ、こうラッキーな人はあまりいませんよね。

 

1回転ジャンプもまだ飛べるか飛べないかの子どものために、わざわざ時間をかけてトップコーチの元へいくのは精神的に子どももお母さんも大変で続けるのが困難です。

 

また、トップコーチはあまり小さい子は教えません。

ほとんどアシスタントが見ます。

 

なので、おすすめできません。

 

メモ

トップコーチ→アシスタントを雇いチームとして運営していることがほとんど

・指導生徒が多く遠征試合が多い

・才能のある子ども優先

・個別に見る時間に限りがある

・多忙

 

子どものフィギュアスケート コーチの選び方②1回転からシングルアクセルレベル

 

もし今のコーチに満足していれば、そのまま信頼関係を深めて練習を続けてください。

 

もし近所のリンクのコーチに満足できないのであれば、この時期にコーチを変えてみるのをおすすめします。

 

こんなコーチがおすすめ

  • 厳しめ
  • 技術を持っている

 

子どもも幼稚園から小学低学年ぐらいが多いはずです。

もうお遊びレベルでの練習は卒業です。

 

この時期、厳しい先生の元で練習させます。

練習に対して真摯に取り組む習慣や根性が身につくからです。

 

これが将来、トップコーチに変えた場合役に立ちます。

 

はなみ
トップコーチは自己管理のできない子は相手にしないものです。

 

お子さんもお母さんもリンクが遠くなり、負担が増えます。

 

しかし、競技スポーツとして取り組むスケートを親子で意識でき頑張れるはずです。

 

親の心構えについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

 

親の条件
フィギュアスケート
フィギュアスケートをする子供のお母さんへ [親の条件]

続きを見る

 

2回転ジャンプまででしたら教えられるコーチは多いです。

コーチの技量は、年上のチームのメンバーの試合の成績から判断できます。

 

 

子どものフィギュアスケート コーチの選び方③中級レベル(2回転ジャンプ)以上

スケートのコーチがビールマンスピンの指導

 

はなみ
お子さんに実力や素質がある場合は、ここでステップアップを考えましょう。

 

コーチが3回転ジャンプを教える技術がなければ、迷いなく変更します。

 

とはいえコーチ変更はかなり勇気が必要です。

フィギュアスケートってちょっと宗教のようですよね。

先生を信じて毎日家族のようにここまで頑張ってきたのです。

でもここで一歩前進するには必要です。

 

師弟関係がなくなっても貸し切りリンクや試合で会うこともあります。

なるべく円満に移籍されるといいですね。

 

トップコーチに依頼をお願いしたら、断られてしまいました。

諦めきれません。

 

はなみ
断られ方にもよりますが、たまにタイミングが悪い時があります。

結構多いのが、現在抱えている生徒が多すぎる場合です。

時間をかけて諦めずにもう一度聞いてみましょう。

 

メモ

筆者はトップコーチの元で3年間管理アシスタントをしていました。

このような依頼にはコーチを通じて、私がお母さんたちにお答えすることもあったので詳しいです。

有名な選手じゃない場合、コーチは成績や親の職業も可能な限り調べます。

時にはトップコーチが直接、現コーチとアプローチする場合もあります。

とったとられたで揉めるからです。

わりと移籍の理由に現コーチと支払いで揉めている方も多かったです。

 

こんなコーチがおすすめ

  • 高い技術がある
  • 国内トップクラスの選手がチームにいる
  • コーチ自身が研究熱心
  • 海外のトップコーチと交流がある

 

3回転以上が教えられる高い技術、またはそれをカバーできるような術を持っているコーチがおすすめです。

 

カバーできるような術というのは、例えば

  • すばらしいジャンプの指導技術のあるアシスタントがいる
  • 海外のトップコーチに指導が頼める

 

また、有名コーチは次のようなコーチや人脈を持っています。

  • スケーティング専門のアシスタントコーチ
  • 氷でも陸でもコレオ(振り付け)を頼めるバレエの先生

 

新しいルールチェンジにいち早く対応できる指導ができることは必須。

 

海外のトップコーチの指導も受けられると、子どもの技術だけではなくやる気も上がります。

実際、自分の教えている技術が乱れて、嫌うコーチもいますが。

 

はなみ
トップコーチの選手もたいていいっしょにセッションを受けるので、子どもには大きな刺激になります。

 

コーチが自分で振り付けをされないのなら、国内または世界的に活躍している振付師とコネがあることも大切です。

 

 

子どものフィギュアスケート コーチの選び方④国内トップレベル

スケートのコーチと生徒の足

 

このレベルですと、お子さんが自分の意思で決められると思います。

 

それまでのコーチの技術に問題があるというよりかは、現在自分に欠けていることを補える新たなステップとしての移籍が大きいです。

 

どのトップコーチも標準以上の技量を持ち合わせています。

それでもやはり得意な分野があるものです。

 

あなたのお子さんが

・ジャンプなどの技術面は問題ないが、表現力に磨きをかけたい

・スケーティングを磨きたい

 

となると、ピタッと当てはまるコーチに変えることで克服できます。

 

おすすめコーチは③に記述した通りです。

 

現コーチが許可するのなら、

・基本的にコーチは変えずに、海外のインターシップに頻繁に参加し、より高い技術や苦手分野を克服

も大変おすすめです。

 

子どものフィギュアスケート コーチの選び方 まとめ

スケートのコーチと生徒たち

 

コーチの選び方 タイミング

  • 初心者レベル ➡️ なるべく近いリンクのコーチ
  • 1回転からシングルアクセルレベル ➡️ 規律あるコーチ
  • 中級レベル(2回転ジャンプ)以上 ➡️ より技術の高いコーチ
  • 国内トップレベル ➡️ 苦手分野を克服してくれるコーチ

 

長い選手生活を通して、同じコーチにつかれていた方はかなり少ないはずです。

 

上達のための一歩を踏み出すために、コーチ選びを慎重に行いましょう。

 

 

注意

これまで、コーチの性格についてはあえてふれてきませんでした。

あくまでも選手になるための技量重視で書いています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Twitterを使用しています。
ぜひフォローよろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はなみ

●海外生活、国際結婚、育児に奮闘中● スイス人との結婚を機にスイスへ移住 ▶︎ドイツ語C2 ▶︎日本語教師としてスイス企業就職 ▶︎出産・育児 ▶︎フィギュアスケートママ ▶︎スケート関係の仕事 ▶︎スケママ卒業後、日本語教師として働きながらゆるくブログを更新中

-フィギュアスケート, ブログ