育児

一時帰国 日本の幼稚園へ体験入園させよう!

スモックを着た楽しそうな幼稚園児3人

 

近所の日本人に一時帰国の際、子どもを幼稚園へ体験入園させるといいよって聞いたのですが、実際どうやって手配したらいいのかわかりません?

 

日本での幼稚園の体験入園。

こんな短い間に日本語って上達するの?

 

こんなお悩みにお答えいたします。
はなみ

 

一時帰国する際、お子さんを日本の幼稚園へ体験入園させてみませんか?

 

自分の文化や経験を我が子に少しでも体験させるチャンスです。

 

ズバリ集団生活と日本語が学べます。

 

実際にどうやって手配するか、また筆者の子どもの幼稚園体験を説明いたします。

 

 

本記事の内容

・幼稚園の探し方

・準備するもの

・打ち合わせ

・費用

・体験してよかったこと

 

本記事の信頼性

ライター はなみ

・スイス在住20年

・子どもを日本の幼稚園へ3回体験入園させた

 

一時帰国 日本の幼稚園へ体験入園 [幼稚園の探し方]

制服姿の嬉しそうに飛び跳ねる幼稚園児2人

 

体験入園は幼稚園ごとに受け入れ体制が違います。

 

  • 定員がいっぱい
  • 短期入園は受け入れない
  • 日本生活に不慣れな子は先生の負担が大きい

 

などの理由で、断られることが多いです。

 

はなみ
自分が通っていた幼稚園にいれたかったのですが、断れました。

4月は新入学・新編成で先生たちに余裕がないとのことでした。

 

*結局、事情があり4月ではなく秋に予定を変更しました。

こちらの幼稚園は対応があまりよくなかったので行きませんでした。

 

 

入園に関しての決まりは公立でも私立でも特にありません。

 

園長先生のご好意で入れてもらえることがほとんどです。

 

 

参考

海外に住んでいる子どもの受け入れ経験がある幼稚園はわりと入りやすいです。

子どもが入園した幼稚園は、日本で生活している外国人家族の息子さんを引き受けたことがあるそうです。

 

 

幼稚園を選ぶポイント

幼稚園に子供を迎えにきたママ2人

 

幼稚園を選ぶポイントは2つあります。

 

  • 実家(滞在先)から近い
  • 給食かお弁当か

 

お子さんがまだ幼いので実家から徒歩で通える幼稚園が理想的です。

 

お近くで受け付けてもらえなければ、遠くても園バスで行けるところを探してみましょう。

 

またもし赤ちゃんがいるなど、お母さんが忙しい場合は給食がある幼稚園を選ぶとお母さんの負担は軽くなります。

 

 

連絡方法

電話で話す女性

 

ホームページはありますが、メールがない幼稚園が多いです。

 

海外からだとやっかいですが、直接電話連絡してみましょう。

 

  • 入園期間 (1ヶ月など)
  • 日本語が話せるか
  • 子どもの性格
  • あなたの親としての希望

例)

同じ年齢の日本の子どもたちとの体験をさせてみたい

日本語が少しでも上達してほしい

 

誠意を持って説明してみましょう。

 

はなみ
日にちに余裕をもって聞くのを忘れずに!

 

 

私はスイスから電話で短期通園が可能かどうか、問い合わせました。

 

園長先生のご好意で許可していただき、入園前の打ち合わせ日だけ決めました。

 

費用や必要なものが書かれた書類を実家の母親に取りに行ってもらい、スイスへ送ってもらいました。

 

 

受け入れていただいた幼稚園は徒歩圏内で通える私立でした。

 

 

一時帰国 日本の幼稚園へ体験入園 [準備するもの]

幼稚園児が食べるお弁当と水筒

 

手作りしないといけないものはスイスで用意しました。

 

  • 布袋 (体操着入れ・コップ入れ)
  • ナプキン(お弁当の下に敷くもの)
  • お弁当袋

 

 

ミシンを持っていなかったので、義母のうちで習いながら作りました。

いい思い出です。

 

 

裁縫がめんどうで市販のものを買おうか迷いました。

 

ただ、

  • 指示(サイズ・形)がすごく細かくてぴったりしたサイズはないだろう
  • 自分からお願いしておいて、母親がこんないい加減では

 

と思い直し頑張りました。

 

 

防災ずきんカバーは、防災ずきんが手元にないので作れませんでした。

布だけ用意して日本へ持って行きました。

 

実家にミシンがなかったので、近所の洋服をお直しするお店でダメもとで聞いてみました。

 

なんと、ママたちから頼まれてよく作るとのこと(笑)。

 

 

記名の仕方など、細かい指示があります。

以下のものを準備しておきましょう。

 

  • サインペン
  • 白い布
  • 名前シール

 

サインペンは洗濯してもにじんだり、落ちないものを。

 

衣類・袋には白い布に名前を書いて縫い付けます。

その際サイズは細かく指定されています。

 

はなみ
名前シールを事前に注文しておくと便利です。

いろいろなサイズ、種類が通販で買えます!

 

  • お道具箱のハサミなどに貼れる小さいもの
  • コップなど水洗いしても取れにくいもの
  • ハンカチにアイロンではれる名前シール

 

 

日本は、スモッグなど同じものを使うので、ワッペンやわかりやすい目印をつけてあげると、とり間違えが防げます。

 

日本語があまりできない、または字が読めないお子さんにもいいですね。

 

 

うちの子どもは字が読めましたが、アイロンではれるスイス国旗のワッペンを用意しました。

 

 

日本へ帰国してからすぐ用意できるものもあります。

  • お弁当箱
  • はし、はし箱、フォーク、スプーン
  • コップ
  • 水筒
  • 歯ブラシ
  • ハンドタオル
  • ハンカチ

 

 

はなみ
縫い物が帰国してからもあります。

 

スモックの内ポケットに小さいマジックテープをつける

 

 

一時帰国 日本の幼稚園へ体験入園 [打ち合わせ]

面談する幼稚園の先生

 

園長先生と担任の先生とお会いしてお話します。

 

子どもと教室や園内の施設を見学させてもらいました。

 

貸していただけるものが結構あり、サイズ確認のため試着しました。

 

必要なものを購入しました。

 

入園費用の説明を受けました。

 

 

幼稚園から貸してもらえるもの

  • 制服
  • 通園帽子
  • 体操着
  • 通園カバン
  • 靴袋

 

9月から10月に通園した際、ちょうど衣替えで夏服も冬服も着ることができました。

 

 

購入したもの

  • スモック
  • 園指定靴下
  • 必要な文具
  • 名札
  • 外履き・上履き・通園靴
  • 防災ずきん

 

1万円強かかりました。

 

 

スイスからチョコレートやチーズを持って差し上げたら喜ばれました。

 

 

一時帰国 日本の幼稚園へ体験入園 [費用]

計算機と万札

 

幼稚園によって違います。
参考までに、うちの子どもが通った私立幼稚園の場合です。

通園期間:3週間〜1ヶ月

保育料:月額26,000円 + 施設費など5,000円

保育時間:9:20〜14:00(月・火・木・金)

9:20〜11:40(水)

クラス:25人前後

 

入園金は免除していただけました。

 

給食はなくお母さんの愛情のこもったお弁当の幼稚園でした。

 

徒歩通園でした。

 

園バス利用の方は、月額3,000円が別途かかります。

 

また、細かいですが、お借りした制服のドライクリーニング代などもかかります。

 

 

はなみ
4月の後半までは半日保育でした。

 

 

 

一時帰国 日本の幼稚園へ体験入園 [体験してよかったこと]

お絵かきする幼稚園児

 

子どもは年中時に1ヶ月ほど、

年長時に春・秋と3週間づつ合計3回体験入園しました。

 

クラス替えがあったようですが、年長の時に入園した時は覚えていてくれる子がクラスに数人いて、放課後も約束して遊んだりしました。

 

貴重な体験

  • 式典 (始業式)
  • 毎朝の出席 (oooさん➡️返事 はーい)
  • 日本のあいさつ (起立・礼・おはようございます/さようなら)
  • 軍事的な号令 (気を付け・休め・前ならえ)
  • お弁当 (スイスはお昼は自宅で食べる)
  • 防災訓練
  • お芋掘り
  • 制服
  • きめ細かいお仕度
  • 折り紙 (レベルが高い!)

 

もともと人見知りもない子ども。

 

日本語も堪能。

 

子どもが使う、悪い言葉もいっぱい覚えました。

 

仮に日本語があまりお話できない子どもも、語彙が必ず増えます。

 

日本の集団生活がよく学べた貴重な体験でした。

 

 

日本育ちの子との違いは、ワイルドさ。

 

スイスでは、森によく遊びに行きます。

 

汚れてもいい格好で行きます。

 

汚れたら洗濯すればいいんだからと思いっきり遊ばせる方針。

 

はなみ
日本の幼稚園での外遊びの際、ダイナミックだと先生が驚かれていました。

 

 

一時帰国 日本の幼稚園へ体験入園 [まとめ]

始業式に参加した幼稚園児

 

  • 体験入園は幼稚園ごとに受け入れ体制が違う
  • 連絡方法が電話のみのところが多い
  • 入園前に揃えるものを確認する
  • 日本の集団生活が学べる
  • 短期でも日本語の語彙が増える

 

 

うちは体験入学は幼稚園だけでした。

 

集団生活を体験させることが目的。

 

勉強が始まる小学校は行かないことにしました。

 

 

はなみ
給食もあり、行けばまたいい経験ができるはずなのですが。

 

 

幼稚園の体験入園は心からお勧めします。

 

また、快く引き受けて下さった園長先生をはじめ、先生方に感謝の気持ちしかありません。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

Twitterを使用しています。
ぜひフォローよろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はなみ

●海外生活、国際結婚、育児に奮闘中● スイス人との結婚を機にスイスへ移住 ▶︎ドイツ語C2 ▶︎日本語教師としてスイス企業就職 ▶︎出産・育児 ▶︎フィギュアスケートママ ▶︎スケート関係の仕事 ▶︎スケママ卒業後、日本語教師として働きながらゆるくブログを更新中

-育児