フィギュアスケート ブログ

フィギュアスケートをする子供のお母さんへ [親の条件]

フィギュアスケート

 

選手として頑張りたいと子どもに言われました。

こんな私が子どもを応援していけるのか不安です。

こんな悩みにお答えいたします。
はなみ

 

お子さんのやる気や才能はもちろんのことですが、親も条件を満たしていないと継続して習わせることが非常に難しくなります。

なぜならフィギュアスケートは親のお金や時間的負担が非常に大きいスポーツだからです。

もしお子さんが選手を目指しているのであれば、現実を踏まえ検討することが必然です。

 

はなみ
こちらの記事は、フィギュアスケートの選手を目指す子どもの親御さんに向けて書いております。

 

本記事の内容

親の条件

・費用が払える経済力

・つきっきりになる時間的拘束

・子どもをフィギュアスケート選手にさせる覚悟

 

本記事の信頼性

・子どものフィギュアスケートママ歴 6年

・フランスのインターナショナルキャンプ3回他多数のキャンプ主催アシスタント

・オリンピック参加選手を持つコーチに3年間師事

・ベノア・リショー氏に振付を3年間依頼

・プルシェンコ選手の元コーチ アレクセイ・ミッシン氏のキャンプ参加経験あり

・エテリ・トゥトベリーゼ氏のサンボ70で練習経験あり

・子どもは11―12歳時スイス国内でその年のノービスカテゴリー最優秀選手に

 

フィギュアスケート 親の条件 ①経済力

茶封筒に入ったお金と計算機

 

ロシアのように実力のある子どもは、練習着から研磨まで国費で支払われます。

国の強化選手になれば給料まで支払われ、お父さんの収入より多いなんて子もいます。

 

私の住むスイスでは国の強化選手でさえ、一部の国際試合を除き全て実費です。

 

上達すれば練習量が増え、レッスン代や氷代も自然に増えます。

また、スケート靴やブレードも高額なものが頻繁に必要になります。

スケートリンクが結構遠く、車で送迎されている方は、ガソリン代もバカになりません。

 

つまりレベルが上がるにつれて、必然的にお金はどんどんかかります。

 

スケートにかかるお金

・レッスン代

・リンクの入場料や貸し切り練習の氷代

・スケート靴

・ブレード

・バレエ / ダンス

・キャンプ

・テスト代

・国内大会費用並びに宿泊費

・振付け費

・競技用衣装

・オフアイストレーニング / パーソナルトレーニング

・整体や理学療法士によるセラピー

・ガソリン代

・海外遠征

 

はなみ
これらが払える経済力があるに越したことはありません。

 

フィギュアスケート 親の条件 ②時間的拘束

子どもを車で迎えにきた母親

 

主な時間的拘束

・スケートリンクまでの送迎(車または電車)

・スケートリンクでの自習練習時のアドバイス

・家でのオフアイストレーニングの指導や助言

 

子どもが幼い場合、送迎が必須です。

 

また、どこのスケートリンクで子どもが練習しているかによりますが、遠くて子どもが自力でリンクまで通えない場合も送迎が必要です。

 

はなみ
貸し切り練習やオフシーズン時は、ホームリンク以外でも練習するので送迎が必要です。

 

コーチといっしょに練習できる時間は短いです。

氷上での自習練習の際、ジャンプやスピンを携帯で撮影してアドバイスしてあげましょう。

 

はなみ
ただし、コーチによっては、親の干渉を嫌うので気をつけましょう。

 

コーチの選び方について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして見てください。

 

コーチの選び方
アラベスクをするフィギュアスケータのーイラスト
フィギュアスケートをする子供のお母さんへ [コーチの選び方]

続きを見る

 

スケートは大好きだけど、家での筋トレやストレッチが苦手なお子さんは多いです。

正しく習慣化されるまで、いっしょに見てあげるとお子さんのスケートが上達します。

 

はなみ
フィギュアスケートの世界では、親が子どもにつきっきりになりますね。

 

フィギュアスケート 親の条件 ③覚悟

子供にスケート教えるお母さんのスケート靴

 

子どもをフィギュアスケート選手にさせる決意というか覚悟が親にあるかないかで、お子さんの上達へも影響します。

 

上記の通り、親はフィギュアスケートをしている子どもにつきっきりになります。

 

また忙しい合間をぬって、家事をしなければなりません。

 

健康とベスト体重維持のため、栄養バランスを考えた食事が必須で手を抜くことはできません。

 

もし兄弟がいる場合は、スケートを習っている子どもにつきっきりになってしまうので、どのように対応するか、家族間でよく話し合う必要があります。

 

はなみ
家族一丸となりチームとして支えてあげられるのが理想です。

 

フィギュアスケート 親の条件 まとめ

フィギュアスケート スピンとアラベスク

 

親の本気度が子どもの上達に大きく影響します。

 

以下のことを考慮し、全力でお子さんをサポートしてあげてください。

  • 費用が払える経済力
  • つきっきりになる時間的拘束
  • 子どもをフィギュアスケート選手にさせる覚悟

 

正直最初から全ての条件を満たしている方は少ないと思います。

やっていくうちに、いろいろ調整して条件を整え覚悟を決めていくのもありです。

 

はなみ
挑戦してみなければ結果はわかりません。

 

また、反対に親が全ての条件を満たしているのに、

  • 子どものやる気がなくなる
  • 子どもに才能がないとわかった

 

場合は、その時点で選手をあきらめた方がいいと思います。

親の期待が大きすぎて、なかなか言い出せない子どもを何人も見てきました。

 

スケートは選手だけが全てではありません。

家族も色々な意味で解放されます。

長く楽しく趣味として続けるのも私は素敵だと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Twitterを使用しています。
ぜひフォローよろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はなみ

●海外生活、国際結婚、育児に奮闘中● スイス人との結婚を機にスイスへ移住 ▶︎ドイツ語C2 ▶︎日本語教師としてスイス企業就職 ▶︎出産・育児 ▶︎フィギュアスケートママ ▶︎スケート関係の仕事 ▶︎スケママ卒業後、日本語教師として働きながらゆるくブログを更新中

-フィギュアスケート, ブログ