ブログ 旅行 海外生活

コロナ禍での一時帰国レポート [スイスから日本へ]

一時帰国を考えています。

今の現状を知りたいです。

こんなリクエストにお答えいたします。
はなみ

個人的理由で急遽一時帰国することになった。

コロナ禍での帰国は準備から何からいつもと全く違う。

帰国前の準備とスイスから日本への帰国の様子をレポートする。

海外から一時帰国を考えている方の少しでも参考になれば嬉しいです。

本記事の内容

・一時帰国準備

・スイス チューリッヒ空港の様子

・飛行機内の様子

・成田空港到着後の流れ

・成田空港から自主隔離宿泊施設まで

・自主隔離宿泊施設での生活

本記事の信頼性

ライター はなみ

・スイス在住20年

・2020年9月 スイスから日本への一時帰国経験

コロナ禍での一時帰国 [準備]

黄色いスーツケースとマスク

実家は東京近郊だが、両親への感染を考慮し、自主隔離施設に滞在することに決めた。

よって、帰国前の準備として以下の3つを行った。

  • 飛行機の予約
  • 15泊の自主隔離施設の手配
  • 自主隔離施設までのハイヤーの手配

自主隔離施設や自主隔離施設までの移動手段をお探しの方は以下の記事を参考にしてみてください。

自主隔離施設の探し方
コロナ禍での一時帰国 自主隔離宿泊施設の探し方 

続きを見る

最新の一時帰国レポートはこちら!

コロナ禍での一時帰国レポート2
コロナ禍での一時帰国レポート 第2弾 2021年 夏 [スイス↔️日本]

続きを見る

フライトは、直行便のスイス航空を選んだ。

参考

<現在のスケジュール> 2020年10月26日から2021年3月27日

チューリッヒ➡️成田

週3便 月曜日、木曜日、土曜日

成田➡️チューリッヒ

週3便 月曜、水曜、土曜

自主隔離宿泊施設は、パッケージ(15泊マンスリーマンション+空港からの送迎付き)を手配した。

コロナ禍での一時帰国 [スイス チューリッヒ空港の様子]

誰もいない飛行場

フライト時間が22:40という遅い時間。

チューリッヒ空港最終便。

チェックインカウンターは一つだけ。

ヨーロッパ線もアジア線も統一。

まず手荷物検査へ。

はなみ
私1人に係員が6人もいました。

パスポートコントロールまで歩いていても、お店は1軒もあいていなかった。

パスポートコントロールはE U(シェンゲン条約)国とその他の国と一応2つ。

ただ、厳しく質問されるので1人ずつが長い。

私を含めたった2人しかいなかったが、私の前の日本人が色々質問されて長かったので、E Uのカウンターに通された。

私は、パスポートと滞在許可証を見せるだけでほんの数秒で終わり。

はなみ
空港は寂しいぐらいガランとしていました。

検温は全くありませんでした。

コロナ禍での一時帰国 [飛行機内の様子]

ガラガラの飛行機

全クラス合わせて40人と言われた。

この時期は個人ではあまり行かず、ビジネスでいく人が多い。

ビジネスクラスは比較的多いが、エコノミーは少ない。

乗客はほとんど日本人とハーフ。

日本で乗り継ぎの中近東の方が数名いた。

席は、無料でチェックインの際に指定できる。

一席ごとに空けて座るようになっている。

私は、あえて人気のないエコノミーの後部座席を選んだ。

そこには合計5人の乗客がまばらに座っていた。

消毒ウエットタオル

席に着くと、すぐ消毒用のウェットテッシュ2つが配られた。

そして、成田で提出する2種類の書類。

・質問票

・入国される方へ検疫所よりお知らせ/<裏面>特にコロナが流行している地域一覧

食事用のワゴンは使用しない。

何が飲みたいか、食べたいか聞かれ、希望したもの用意して個人的に配る。

機内

見渡しても、誰もいない。

4席分使って、横になって寝ることができた。

後ろの方では、暇を持て余したフライトアテンダントが座っておしゃべりしたり、仮眠したりしていた。

コロナ禍での一時帰国 [成田空港到着後の流れ]

Welcome to Japanと書かれた壁

定刻通り成田空港に到着すると、5分ほど機内待機。

全クラス一斉に降機。

矢印に沿って廊下を進み、2種類の書類を持っているかチェックする受付に並ぶ。

次の受付に進むと、検査の番号を2枚の書類に貼られる。

はなみ
そしていよいよ抗原テストです。

仕切りブースの中で、レモンや梅干しの写真を見ながらプラスチックの試験管に規定量の唾液をいれる。

試験管のふたを閉め、置くところまで、係の方の指示に従い自分で行う。

次の受付で機内で受け取った書類の記入内容のチェックを受ける。

はなみ
ここで、書類に書いた自主隔離先や移動手段を確認されます。

自己申告で書類の提出(証拠)は求められませんでした。

Lineアプリ等を活用した健康確認、個人情報の取り扱いに関する説明書兼同意書にサインした。

その後、検査結果待合スペースへ行く前に、また違う受付へ行き、どの椅子に座るか番号札を受け取る。

ここで、もう一度、自主隔離宿泊施設と移動手段についてチェックされる。

そして、Lineは日本の携帯番号と紐付いていないと保健所から連絡できないということで、サインした書類を破棄された。

はなみ
私は日本の携帯電番号を持っていません。

メールで保健所から連絡すると言われました。

ここで、自粛生活についての規制を聞いてみた。

・公共の交通機関の利用は禁止

 

・衣食住に関わる買い物は全く問題ない

 

・不要不急の外出は控える

 

・具合が悪くなったときは、病院へは行かずに保健所に問い合わせる

毎日検温してほしいと言われたが、体温計を持っていないと伝えるとしなくていいと言われた。

はなみ
私の印象ではかなりユルユルの自主隔離です。

検査結果待合スペースの自分の番号の席で30分ほど待つ。

どの席の前にも、コンセントがあり、携帯が充電できる。

はなみ
検査結果は検査後1時間ほどででます。

色々なチェックで並んで待ったりするので、待合スペースで待つ時間はあっという間でした。

検査結果が出ると、番号が放送され、待合スペース横の受付に並ぶ。

そこでは番号札を返却し、最後のカウンターへ。

陰性証明

そこでやっと検査結果の報告と陰性証明書がもらえ、入国審査へ進める。

はなみ
どのような手段で空港から宿泊施設に向かうのか実際についてきてチェックする人はいません。

いつ入国したか証明できるように、パスポートにスタンプを押してもらった。

もうすでに仕分けしてあるスーツケースを持って、税関へ。

はなみ
税関へ行く前に、初めて犬による荷物検査を受けました。

犬は捜査官の言うことを聞かずに、結局匂いを嗅ぎませんでしたが。

税関には申告するものもなく、すぐに出口へ。

夕食と翌日の朝食を成田のコンビニで買った。

コロナ禍での一時帰国 [成田空港から自主隔離宿泊施設まで]

黒いワンボックスカー

私は、業者に15泊の宿泊施設と空港からの送迎を依頼していた。

空港に着いたら、Lineで以下のタイミングで連絡しなければならなかった。

  • 成田空港に到着した時
  • 抗原検査が終了した時
  • 抗原検査の結果が出た時

しかし、空港でなぜかwifiがつながらず非常に困った。

そこで、担当ドライバーさんに直接S M Sで連絡した。

ちょうど出発予定時刻の30分前にハイヤーの集合場所へ行った。

集合場所は出口を出て、道路を渡ったところ。

普通にリムジンバスやタクシーが乗降車するところだ。

はなみ
カートごと車の前まで行けます。

他にもたくさんのハイヤーが待っていた。

一番乗りだったが、乗客は私を含め4人。

はなみ
荷物は運転手さんが車に積んでくれます。

乗車前に手を消毒します。

全員揃ったので、予定時刻前に出発。

はなみ
車内はwifi完備でサクサクつながりました。

私が一番最初の降車客。

マンスリーアパートの真正面で降ろしてもらいました。

はなみ
ドライバーさんは外国人でした。

S M Sで返事もいただきましたが、日本語は読み書きほぼ完璧です。

空港のコロナ関係の職員も3/4ぐらい外国人で驚きました。

コロナ禍での一時帰国 [自主隔離宿泊施設での生活]

夕陽と鍵

宿泊施設を選ぶポイントは以下でした。

  • コンビニやスーパーが近くにあるか
  • 洗濯機が室内にあるか
  • コンピューターで働けるように椅子や机があるか

探している間、洗濯機が地下共同の施設や、近所のコインランドリーを使用する感じのところが多かった。

ワンルームマンションだと、格安だが非常に狭く、低い机+床にクッションのようなスタイルが多かった。

私が決めたところは、決して広くないが、2人〜4人が生活できる感じのアパート。

新築で設備がモダンだった。

都内だと、買い物はどこでもあまり困らないはず。

お弁当は、コロナ禍ではレストランでも提供していて便利だった。

何不自由なく生活できました!

窓も2面にわたりあり、時差ぼけも運動不足なわりに早くなおりました。

このアパートには家電はもちろん、消耗品まで揃っていたので、買い足さずにすみました。

<家電>

・電子レンジ

・炊飯器

・冷蔵庫・冷凍庫

・電気湯沸かし器

・洗濯機

・ドライヤー

・ウォシュレットトイレ

・液晶テレビ

・ポケットwifi

・お風呂 (お湯はりセンサー付き)

・乾燥室 (洗濯物を浴室で乾かす設定ができる)

・ガスコンロ2つ

・掃除機

<消耗品>

・ハンドソープ、洗濯洗剤

・シャンプー・リンス・ボディーソープ

・トイレットペーパー

・ティッシュ

・食器用洗剤・スポンジ

・バスタオル2枚

・タオル1枚

・バスマット

・調理器具

・食器

・ゴミ箱・ゴミ袋

・ハンガー

・寝具(ベットメーキング済み)

床はフローリングでした。

はなみ
広さもありホテルよりも、便利に過ごせる気がしました。

とても静かでした。

宅急便で注文することが何度かあったが、問題なく荷物も部屋に直接届いた。

参考

土日祝日以外、毎日なぜか実家の母親に保健所から電話がきて、私の体調を確認していたそう。

コロナ禍での一時帰国 [まとめ]

飛行場のロビーに座っているマスクをしている女性

これが帰国レポート。

一時帰国を考えている方の参考になれば幸いです。

帰国翌日からちょうど4連休だった。

東京都の規制緩和も翌月からではなく、この4連休から前倒しになった。

一度食料の買い出しに行かなければならなかったが、人出が多いのでそれ以外連休中は外出しなかった。

自主隔離中は、衣食住に関わる外出は構わないと言われたが、やはり感染予防として外に行かないことを念頭に生活している。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Twitterを使用しています。
ぜひフォローよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はなみ

●海外生活、国際結婚、育児に奮闘中● スイス人との結婚を機にスイスへ移住 ▶︎ドイツ語C2 ▶︎日本語教師としてスイス企業就職 ▶︎出産・育児 ▶︎フィギュアスケートママ ▶︎スケート関係の仕事 ▶︎スケママ卒業後、日本語教師として働きながらゆるくブログを更新中

-ブログ, 旅行, 海外生活