ブログ 旅行 海外生活

コロナ禍での一時帰国レポート 第2弾 2021年 夏 [スイス↔️日本]

一時帰国を考えています。

今の現状を知りたいです。

コロナ禍では、状況に応じて規制が変わります。

しっかり調べて万全の準備が必須です。

現状をしっかりお伝えいたします。

はなみ



コロナ禍に一時帰国するのは2回目。

前回の帰国時より、規制が強化されていて驚いた。

毎回、ルールが変わってくるので、しっかり調べ万全の準備が必要と痛感した。

帰国前の準備とスイスから日本への帰国の様子をレポートする。



海外から一時帰国を考えている方の少しでも参考になれば嬉しいです。


注意

こちらに記載された内容は2021年7月の状況です。

状況は常に変わりますので、あくまでもご参考までにご覧になっていただければ幸いです。

本記事の内容

・一時帰国準備

・スイス チューリッヒ空港での出国手続き

・飛行機内の様子

・成田空港到着後の流れ

・隔離ホテルでの生活

・隔離ホテル(成田空港)から自主隔離宿泊施設まで

・自主隔離宿泊施設での生活

・スイス入国に際して

 


本記事の信頼性

ライター はなみ

・スイス在住20年以上

・2020年9月と2021年7月〜8月 スイスから日本への一時帰国経験

コロナ禍での一時帰国 [準備]

黄色いスーツケースとマスク


前回の帰国との1番の違いは、P C R検査の義務だ。

出発72時間以内に行われたP C R検査での陽性検査結果が必須。

詳しく見ていこう。


帰国前の準備

・飛行機の予約

・自主隔離施設の手配 

(実家に滞在しない場合)

・空港から自己隔離施設までのハイヤーの手配

・P C Rの予約と検査

・誓約書の記入

・質問票の記入

・携帯への各アプリのインストール


飛行機の予約



フライトは、直行便のスイス航空を選んだ。

日本の水際対策だけに注意が払えるので、直行便がおすすめ


参考

<現在のスケジュール> 2021年8月29日 現在

チューリッヒ➡️成田 週3便 月曜日、木曜日、土曜日 (8月16日〜)

成田➡️チューリッヒ 週3便 月曜、水曜、土曜 (8月14日〜9月2日まで)

          週5便 月曜、火曜、水曜、金曜、日曜 (9月3日〜)

状況に応じて、フライトキャンセルや出発時刻の変更があります。
私もありました。気をつけましょう。



注意

経由便の場合は、経由各国のコロナ水際対策を必ず確認しよう。

自主隔離施設の手配



公共の交通機関が利用できない現状で実家に行くのが困難な方、


高齢・病気のご家族がご実家にいる方、


ご実家のご近所の目が気になる方は、宿泊施設の確保が賢明。


14日間の待機先は、誓約書にも記載しなければならないので、必ず事前に準備しよう。



14日間の待機期間は、日本に到着した翌日が1日目となります。



手配するときに重要なのが

入国前と後に受けるコロナ検査で陽性になった場合、キャンセル可能か

 

・航空会社からの急なフライトキャンセルがあった場合、キャンセル可能か

 

・業者に依頼する場合はサポートがしっかりしているか

 

・宿泊施設の近く(徒歩圏内)にコンビニやスーパーがあるか


滞在中、他者と会ったり、不要不急の外出は控えなければならない。


しかし、食糧の買い出しは許される。


徒歩圏内にコンビニやスーパーがあるかチェックすると、快適に2週間過ごせるはず。


私は以下の業者に問い合わせた。


迅速に対応される。


一時帰国.com


Feel Japan


Unito PRO


THE WORKATION HOTEL



問い合わせは無料です!




ご自身で手配するなら、こちらがおすすめ。


デザイナー物件や自分の条件にぴったりの物件が見つかるかも。


Airbnb




空港から自己隔離施設までのハイヤーの手配

黒いワンボックスカー


自主隔離施設とセットで予約することをおすすめする。


ハイヤーだけ予約したい場合、以下で予約可能。

空港送迎.com (Pro Drivers)


都市型ハイヤー IKEDA


OUTECH


空港でのPCR検査が混んでいると、予約時間に大幅に遅れることがあります。
遅延料が発生するか、必ず確認しましょう。



私は今回、検疫所が確保する宿泊施設で3日間待機があったため、


ハイヤーだけ、別に予約した。



成田空港から東京まで3万円前後です。




P C R検査の予約と検査



出発前72時間以内に受けたP C R検査の陰性証明書が


日本入国の際必要になる。


厚生労働省の日本用の検査証明書に書き換えてもらうと、


安心して入国できる。



TwitterなどのS N Sで、書類が不備だったため入国できず、
無情にも強制送還させられる人が話題になっていましたよ。




私は、自宅近くの州立病院で検査し、



日本用に書き換えてもらうこともできた。



検査料金は検査結果24時間以内で、150スイスフランでした。



近所で書き換えてもらえない場合は、事前に事情を説明し、


空港の検査所で検査すれば、日本用の証明書に書き換えてもらえるとのこと。

空港のP C R検査場所 ➡️  checkport


誓約書の記入


入国の条件として誓約書の提出がある。


自宅で印刷して、しっかり記入して持っていこう。



印刷はこちらから ➡️  誓約書



誓約内容は、いくつかあるが、主に14日間の待機期間中、


以下のことを守ることと記されている。

1.自宅や宿泊施設での待機

2.アプリ・メールを活用し、健康状態の報告。

3.アプリを活用し、位置情報を送信、ビデオ通話に応答すること。

 接触確認アプリ を利用すること。

質問票



新型コロナウイルス感染症の検疫手続として、


滞在歴や健康状態を記入した「質問票」を 提出する。 


出発前に準備しておきましょう。



手順は、まずアプリをインストールする。


質問票webに情報入力すると、Q Rコードが発行される。


入国時に提示する。


質問票に関しての詳細 ⬅️ こちらのQRコードからアクセスできる。



携帯への各アプリのインストール


以下のアプリのインストールが必要

・位置情報確認アプリ(O E L)

・ビデオ通話アプリ(My S O S)

・接触確認アプリ(C O C O A)



以下のサイトからインストールのためのQ Rコードが取得できる。

スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用について (厚生労働省)



コロナ禍での一時帰国 [空港での出国手続き]



夏休みだったので、帰国する人が前回よりも多かった。


東京オリンピックもあったので、選手やその関係者もいた。


チューリッヒでも成田でも、フライト3時間前に空港にいるように


航空会社から指示があった。


チェックインはウェブでできた。


荷物を預ける手続きのみカウンターで行ったが、かなり混雑していた。


チューリッヒ空港では「質問票」だけ、ゲート前で搭乗を待っている間にチェックがありました。

成田空港では、陰性証明書などのコロナ関係の書類のチェックはありませんでした。



コロナ禍での一時帰国 [飛行機内の様子]

ガラガラの飛行機



日本行きのフライトは1人1列という感じの搭乗人数だった。


4席分使って、横になって寝ることができた。


帰りのチューリッヒ行きのフライトは、3分の2は埋まっている感じだった。


なので、普通に隣に人が座っていた。


機内はマスク着用が義務です。
一時期FFP2マスクのみでしたが、現在は特に指定はありませんでした。



コロナ禍での一時帰国 [成田空港到着後の流れ]



定刻より早く成田空港に到着。


16時30分ぐらいだった。


ここから待つこと8時間以上。


ホテルにチェックインできたのが、翌日1時だった。


はなみ

とても長く待ちました。


飛行機から出た順に、廊下に並んでいる椅子に座る。


待っている間、係の方がきて、書類を確認する。

・誓約書

・コロナ陰性証明書

・健康カード


健康カードを持っていなかったので、その場でもらい記入。


ちなみに前回は、機内でもらった。

はなみ
ここで2時間ぐらい待ちました。


受付で、持っている書類のチェックを受ける。

ここで、自主隔離先や移動手段を聞かれます。


その後すぐに、コロナテスト。


仕切りブースの中で、レモンや梅干しの写真を見ながらプラスチックの試験管に規定量の唾液をいれる。


試験管のふたを閉め、置くところまで、係の方の指示に従い自分で行う。


ここからは全部ワンツーマンでチェックされます。


アプリが正しく携帯にインストールされているかのチェック。


位置情報がオンになっているかなど、携帯の設定を係の方といっしょに確認。


14日間、設定を変えないように指導されます。


健康状態の報告を行うためのメールアドレスのチェック。


その場で、テストメールし受け取ったか確認されます。


14日間の待機期間中のルールを説明される。


小冊子をもらいました。


最後に質問票のQ Rコードを見せる。


その後、どの椅子に座るか番号札を受け取り、結果待合スペースで待つ。


多くの席の前に、コンセントがあり、携帯が充電できます。


検査結果待合スペースの自分の番号の席で5時間ほど待つ。

はなみ
お腹が空いて、大変でした。


必ず、スイスから軽いお菓子などの軽食を絶対持っていこう。

自動販売機はあるので、飲み物は買えます。


今回は、夏休みとオリンピックが重なっていたので、8時間待たされた。


ちなみに前回は2時間30分。

裏話

スイスからの帰国者は、全員検疫所が確保するホテルに行くことになっていた。


そこへ行くバスが足りなかったようだ。


ホテルも部屋数が足りないようだった。


検査結果自体は、早く出ていたそうだ。


番号が放送され、最後のカウンターへ。

そこでやっと検査結果と陰性証明書がもらえ、入国審査へ進めた。

いっしょに乗るバスのクループで移動します。


いつ入国したか証明できるように、パスポートにスタンプを押してもらった。


もうすでに仕分けしてあるスーツケースを持って、税関へ。


税関に申告するものもなく、すぐに出口へ。



夜中の12時過ぎに、バスに乗り込んだ。


税関手続きをしている人たちを待って、出発。


ホテルにチェックインしたのが1時過ぎ。


乗車時間は5分ぐらいだったが。。。


夕飯が食べられたのが2時近くだった。




コロナ禍での一時帰国 [強制隔離ホテルでの生活]


メモ

こちらは、コロナ感染危険国に属さない帰国者は、関係ありませんので、読まずに飛ばしてください。



帰国時、スイスはコロナ感染危険国に指定されていた。


そのため、検疫所が確保する宿泊施設での3日日待機と検査の実施が行われた。


宿初施設は「東横イン成田空港」。


空港で8時間待ったあと、夜中の1時にチェックイン。


部屋に着いたら、Q Rコードを読み取り、健康観察チャットサイトを開く。


必要事項を入力後、検温、送信。



2時近くに、配布された夕食を食べる。

12時間以上、食事していなかったので、ありがたくおいしくいただきました。



翌日の12時までに、「退所バスの希望について」記入し、提出。


朝食 8:30 昼食 12:00 夕食 18:00


配食を始める前と、完了した後に放送が入る。


毎回ドアノブにお弁当がかけられる。

はなみ
全員分の配食が終了するまで、部屋のドアを開けてはいけません。

朝は配食に2時間ほどかかっていました。



3泊した滞在4日目の朝食前にコロナ検査を実施。(7時15分まで)


検査キットはドアノブに置いてあります。採取したものも、ドアノブに戻します。




検査結果は16時少し前に、電話で知らされた。


成田空港への無料バスが利用できる。


以前は、羽田空港行きの無料バスもあったそうですが、現在はありません。





バスの時間は16時、18時、翌日と選択できる。


私は、16時のバスで成田空港へ行きました。




コロナ禍での一時帰国 [隔離ホテル(成田空港)から自主隔離宿泊施設まで]



私は、日本へ到着してすぐ、成田空港で業者に問い合わせた。


夏休みで混んでいて、3日後の予約をとるのに苦戦した。


その時点で、何時に隔離ホテルから空港へこられるのかわからなかったので、困りました。
業者の方が詳しいことが多いので、問い合わせだけでもしておいた方がいいですよ。




乗車2日前に予約が取れた。


隔離ホテルからバスに乗る前に、ドライバーにLineで連絡。


空港ですでに待っていた。


道も空いていて、目的地まで早く着いた。


成田から東京まで、料金は3万円前後。


ドライバーさんは外国人でした。
Lineで返事もいただきましたが、日本語は読み書きほぼ完璧です。
ちなみに空港での職員も3/4ぐらい外国人です。





コロナ禍での一時帰国 [自主隔離宿泊施設での生活]

夕陽と鍵

宿泊施設



今回初めて、Airbnbを利用した。


宿泊施設を選ぶポイントは以下でした。

・コンビニやスーパーが近くにあるか

・洗濯機が室内にあるか

・食事用のテーブルと椅子がある

・コンピューター用の机と椅子が食事用とは別にあるか

リノベーションされていて設備がモダンだった。


ちなみに1軒屋の1階。


洗濯乾燥機も浴室乾燥機もありました!



都内だと、一般的に買い物はどこでもあまり困らないはず。


このアパートには家電はもちろん、消耗品まで揃っていたので、買い足さずにすんだ。


<家電>

・電子レンジ

・炊飯器

・冷蔵庫

・冷凍庫

・電気湯沸かし器

・乾燥機付き洗濯機

・ドライヤー

・ウォシュレットトイレ

・液晶テレビ

・wifi

・お風呂 (お湯はりセンサー付き)

・乾燥室 (洗濯物を浴室で乾かす設定ができる)

・I Hコンロ2つ

・掃除機


<消耗品>

・ハンドソープ、洗濯洗剤

・シャンプー・リンス・ボディーソープ

・トイレットペーパー・ティッシュ

・食器用洗剤

・スポンジ

・バスタオル

・ハンドタオル

・バスマット

・調理器具

・食器

・ゴミ箱

・ゴミ袋

・ハンガー

・寝具(ベットメーキング済み)

・ヨガマット


宅急便で注文することが何度かあったが、問題なく荷物も届いた。



生活



毎日午前11時に、健康観察のメールが届く。


検温して、項目をチェックして14時までに返信。


1日最低2回、ビデオ通話がある。


1回はA Iで、1回は人間。


時間は不定。


でなかったりすると、もう少し頻繁にかかってくる。


1日に4回ほど、位置情報を報告するように指示される。


アプリの「今ここ!」ボタンを押すだけ。


前回の帰国では、保健所の方が1日1回電話で健康状態を確認するだけでした。
土・日は確認なしでしたが、今回は週末ももちろん連絡がありました。




コロナ禍での一時帰国 [スイス入国に際して]



スイスへの入国に必要なもの

・入国フォームの登録   こちらから記入できる ➡️  入国フォーム

以下3つのいずれか1つ

・ワクチン接種証明書 (2回接種後2週間以降)

・新型コロナウイルス感染症からの回復者である証明書 (感染から6ヶ月以内)

・入国の72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書もしくは入国前48時間以内の簡易抗原検査(Antigenschnelltest) の提示

 *16歳未満の子供は提出義務が免除される。

私はワクチン接種証明書で入国しました。
チューリッヒ空港での提示はありませんでしたが。



状況は常に変わるので、こちらで必ずご確認を!➡️ Travelcheck




コロナ禍での一時帰国 [まとめ]



これが今回の帰国レポート。


一時帰国を考えている方の少しでも参考になれば幸い。

はなみ
海外からの帰国者は歓迎されていないということがヒシヒシと伝わりました。

東京オリンピックもあり、海外から5万人以上の来日者があった。


帰国中に東京に緊急事態宣言が出された。


私の帰国の目的は、両親の介護だったので、


思えば用だけ済ませ、家のテレビでオリンピックを観戦する生活だった。


それでも、最後かもしれない自分の家族に会えて後悔はない。


コロナ禍で状況は変わる。


情報を収集して、ルールに合わせて、帰国準備ができるといいと願っている。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Twitterを使用しています。
ぜひフォローよろしくお願いします。



スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はなみ

●海外生活、国際結婚、育児に奮闘中● スイス人との結婚を機にスイスへ移住 ▶︎ドイツ語C2 ▶︎日本語教師としてスイス企業就職 ▶︎出産・育児 ▶︎フィギュアスケートママ ▶︎スケート関係の仕事 ▶︎スケママ卒業後、日本語教師として働きながらゆるくブログを更新中

-ブログ, 旅行, 海外生活