海外生活

海外生活につきもの ストレス [分析と解消法] 

海外生活のストレス

 

海外に住んでいますが、ストレスがどんどん溜まって。。。どうしよう。

 

こんなお悩みにお答えいたします。
はなみ

 

留学、転勤、永住、それぞれ違う形の海外生活。

それでもストレスを感じない方はいないのではないでしょうか。

 

ヨーロッパ在住20年の私でも日々ストレスを感じながら生活しています。

 

ストレスの原因と解消法を知り、緩和させていきましょう。

 

本記事の内容

  • 海外生活での主なストレス
  • ストレスの原因
  • ストレスの解消法

 

本記事の信頼性

ライターはなみ 海外生活経験 多数 (19歳から現在まで)

  • イギリス留学 1年
  • アメリカ留学 3ヶ月
  • フランス出張 3週間 X 3
  • フランス短期滞在 5週間 x 2
  • ロシア短期滞在 2週間
  • スイス在住 20年

 

はなみ
5つの原因別にストレスと解消法を見ていきましょう。

 

海外生活でのストレスの主な原因

  1. 言葉
  2. 食べ物
  3. 気候
  4. 文化の違い
  5. 生活の違い

 

海外生活 ストレス ― 言葉

ストレスを感じている女性

 

よく「言葉の壁」なんて耳にしますよね。

 

私は言葉の壁って2種類あると思っています。

  • 単純に現地語がわからないので、コミュニケーションがとれない
  • 言葉は問題ないが、バックグラウンドが違う相手に自分が言いたいことが伝わらない

 

現地語がわからないストレス

言葉が通じない2人

 

国際結婚や仕事で海外に移住したのであれば、現地語を理解することは必須です。

会社で働いたり、家族が増えれば、現地の方とのコミュニケーションが必要です。

現地の言葉がわからないために、意思疎通ができないと大きなストレスになります。

 

また、言葉がわからないためにパートナーや第3者に依存しなければならなくなります。

日本では何でもできたのに、現地では何もできない自分に歯痒さを感じます。

そして生活が苦痛になります。

 

英語がいくら堪能でも、現地の言葉は重要です。

 

はなみ
言葉は生活の鍵です。

 

現地語がわからないストレス ー 解消法

 

勉強することのみです。

お金とある程度の時間が必要です。

ここでかけたお金は、言語習得すれば仕事ができますので取り戻せます。

ここでかけた時間は、のちのあなたの長い移住生活を豊かにします。

 

私は、勉強に疲れたら、あえて日本のドラマ、YouTubeを見たり、音楽を聞いたり、本を読んだりすることをお勧めします。

自分のよくわかる言葉は和めるからです。

コンつめずに勉強のストレスを発散させましょう。

 

バックグラウンドが違う相手に話が伝わらないストレス

あなたを正しく理解しましたか

 

いくら現地語が堪能だからといって、自分の伝えたいことや気持ちが100%伝わるかというと、そうじゃないんです。

日本人同士だったら「こんなこといちいち言わなくたってわかるでしょう」ということを説明しないとわかってもらえないんです。

コミュニケーションに時間と労力がかかります。

説明不足から、誤解も生じやすくストレスが増えます。

 

バックグラウンドが違う相手に話が伝わらないストレス ー 解消法

 

“言わないとわからない”ということを自覚して生きましょう。

日本では1ですむことも10にして説明しましょう。

相手は日本人のように空気が読めません。

 

はなみ
面倒でも誤解は減りますよ。

 

海外生活 ストレス ― 食べ物

天ぷら

 

海外に住んで、食事がどんなにストレスになるか思い知りました。

 

日本で暮らしていれば、安くておいしいものがすぐ手に入ります。

一部の国を除いて、それは海外では当たり前ではないんです。

 

私の住むスイスでは、日本食材は大きい都市の日本食材店かアジア系の食材店でしか買えません。

日本食ブームで、健康食品店に豆腐など売られていますが、日本で1丁100円の豆腐が約500円、その他もたいてい日本の3倍以上の価格。

 

食材確保だけでも一苦労。

 

はなみ
最近は日本食材店も要冷蔵以外でしたら、インターネットで配送してもらえます。

 

もちろん気軽に買えるおいしいお惣菜は売っていません。

 

日本レストランも普通のラーメンでさえ、2,000円以上なので、そうしょっちゅう行けません。

 

簡単に食べられないと、なおさら日本食が恋しくなり、ストレスになります。

 

食べ物のストレス ー 解消法

 

日本食が食べたければ、1から自分で作りましょう。

食材さえ確保できれば苦になりません。

 

はなみ
現地の人を食事に招待すると喜ばれますよ。

たまに日本レストランへ行くのも、おすすめです。

 

 

海外生活 ストレス ― 気候

天気変動

 

日本と同じように、四季がありますが何年住んでも慣れません。

 

特に困るのが

  • 朝・晩の寒暖の差が激しい
  • 1日の天気が変わりやすい
  • 冬はどんよりして暗い

 

このストレスで体調を崩したり、気が滅入ったりしがちです。

 

気候のストレス ー 解消法

 

気候は引っ越すより他に解決できません。

寒暖差対策や天気の激しい変化対策に、いつも上着や折り畳み傘をかばんに携帯。

 

冬にあえて、スポーツや趣味の習い事を増やし、気を紛らわします。

 

置かれた場所で咲いていけるように、このような小さな努力をすると少しストレスが減らせます。

 

 

海外生活 ストレス ― 文化の違い

違い

 

「言葉の壁」に続いて、よく耳にするのが「文化の壁」。

 

特に日本の文化は独特なので、日本人の常識は海外では通用しません。

日本で順応していたわりと内気で、和を乱さず、モラルの高い日本人は、海外で適応するのに時間がかかります。

適応力がないと大きなストレスになります。

 

文化の違いによるストレス ー 解消法

 

自分の価値観と現地の価値観が合わないどころか、理解できない場合もあるかもしれません。

いろいろ考えず、こういうものだと諦めて、ある意味開き直って生活することでストレスは緩和します。

いちいち腹を立てたり、がっかりしたり、悲しまずにすみます。

 

勘違いしないでいただきたいことは、諦める=流される ではないということです。

 

自分のポリシーはしっかり持って生きましょう。

 

私の経験上、ポリシーをしっかり持っていると、現地の人からこの人やこの人の文化をもっと知りたいと思われます。

現地の文化にゆっくり融合しつつ、自分らしさは失わないように心がけましょう。

 

 

海外生活 ストレス ― 生活の違い

お惣菜

 

日本ではいつでもどこでもなんでも手に入ります。

この豊富な物と便利な生活が当たり前になってしまうと、海外生活でいかなる時も不便を感じ、大きなストレスになります。

 

日本にはコンビニがあり、24時間買い物ができます。

ヨーロッパは閉店時間も19:00前後で早く、日曜・祭日はお店が開いていません。

 

日本では物も豊富で、なんでも自分にぴったりものが選べます。

スイスもたいていのものはありますが、選択肢が少ないです。

 

例えば、携帯用にペン型のハサミがほしい場合。

スイスだと、大きさ違いの普通のハサミぐらいしか通常買えません。

 

はなみ
乾電池がどうしても必要。

なのに日曜日だったのでどこでも買えずに、本当にイライラしたことがあります。

 

生活の違いによるストレス ー 解消法

 

日本の生活と比較せず、現地の生活を受け入れてみましょう。

 

たまに、どうして日本ではこうなのに、ここではこうなのか考えてみます。

現地の人々の気持ちを理解すると受け入れやすいからです。

 

例えば、どうして日曜日にお店が閉まっているかを考えます。

家族との時間を大切にするためです。

日曜日に働きにいかなければならないと、家族がいっしょに過ごせません。

 

現地の人々に自分も寄り添う、理解しようという気持ちも大切です。

 

 

海外生活 ストレス ― まとめ

ストレスに悩む男の人

 

自分の日本の価値観や常識のままで生活すると、海外ではストレスになります。

 

ストレスを感じるのは、あなただけではありません。

脳に刻まれている日本文化や生活があなたの価値観や常識を作ったのです。

 

自分の価値観や常識が移住先では常識ではないということを受け入れられると、ストレスは緩和します。

 

私はいつも期待せず、感謝することにしています。

 

話していることが、100%相手に伝わらなくても、だいたいはわかってもらってありがたい。

 

疲れていて、お惣菜の一つでも買いたいところですが、あえて自分で時短料理に挑戦し、レパートリーが増えてありがたい。

 

はなみ
期待は禁物。

 

そして、海外で生活して日本という国がどんなにすばらしいか気づかせてくれてありがたい。

 

帰国したときに、これも買おう、あれを食べよう、それもしようと胸を踊らせながら、毎日生活しています。

 

それでも、心が凹んでしまう時はあります。

 

今は、インターネットの発達で、日本にいる家族や友達と簡単にコミュニケーションがとれます。

日本の家族や心許す友人と話すことによって、自分の中にある不安や悩みを吐き出してみましょう。

 

また、同じように近所に住む日本人も増えているはずです。

現地の日本人に話を聞いてもらい共感し合うのもいいストレス発散法です。

 

それでも心が悲鳴をあげるようなら、日本へ帰ることもありです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

Twitterを使用しています。
ぜひフォローよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はなみ

●海外生活、国際結婚、育児に奮闘中● スイス人との結婚を機にスイスへ移住 ▶︎ドイツ語C2 ▶︎日本語教師としてスイス企業就職 ▶︎出産・育児 ▶︎フィギュアスケートママ ▶︎スケート関係の仕事 ▶︎スケママ卒業後、日本語教師として働きながらゆるくブログを更新中

-海外生活